ヨハネス シュラーフ(英語表記)Johannes Schlaf

20世紀西洋人名事典の解説

ヨハネス シュラーフ
Johannes Schlaf


1862 - 1941
ドイツの劇作家,詩人,小説家
チューリンゲン生まれ。
ハレ大学で学び、1885年ベルリンで自然主義運動の指導者たちと交わり、アルノー・ホルツと共同創作を行い、小説「パパ・ハムレット」「ある死」、戯曲「ゼーリッケ一家」を発表。戯曲「エルツェ親方」以後、印象主義的作風となり、叙情詩や新しい世界観を示す長編小説を発表。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ヨハネス シュラーフ

生年月日:1862年6月21日
ドイツの小説家,劇作家,翻訳家
1941年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android