コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス19世(20世) ヨハネスじゅうきゅうせいにじっせい Johannes XIX (XX)

1件 の用語解説(ヨハネス19世(20世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス19世(20世)
ヨハネスじゅうきゅうせいにじっせい
Johannes XIX (XX)

[生]?
[没]1032.11./1032.12.
第144代教皇(在位 1024~32)。本名 Romano。クレスケンチウス家に代わってローマの支配権を握った有力貴族,ツスクルム家の出身。1024年に兄の教皇ベネディクツス8世(在位 1012~24)のあとを継いで登位したときは世俗の一般信者であり,教皇座を贈賄で獲得したと非難された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨハネス19世(20世)の関連キーワード階乗合同N没・歿勃・歿・没三角数NかMかDiaz de la Peña,N.

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone