コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増誉 ぞうよ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

増誉
ぞうよ

[生]長元5(1032)
[没]永久4(1116)
平安時代末期の僧。天台座主 (ざす) 。父は藤原経輔。一乗坊と号した。承保1 (1074) 年権少僧都となり,白河,堀河両天皇の護持僧をつとめた。その後熊野三山の検校をつとめ,京都聖護院を建て,のちの修験道本山派の基となった。晩年は天台座主,次いで,大僧正となり権勢をふるった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞうよ【増誉】

[1032~1116]平安後期の天台宗の僧。修験道に通じた。京都聖護院の開山。四天王寺広隆寺園城寺を歴住し、熊野三山検校(けんぎょう)から天台座主(ざす)になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増誉 ぞうよ

1032-1116 平安時代中期-後期の僧。
長元5年生まれ。藤原経輔(つねすけ)の子。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の行円について出家。修験道に通じ,白河上皇の熊野(くまの)詣での先達をつとめて,はじめて熊野三山検校(けんぎょう)となる。京都に聖護(しょうご)院をひらく。園城寺長吏,天台座主(ざす),大僧正にすすんだ。永久4年1月29日死去。85歳。通称は一乗寺僧正。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

増誉

没年:永久4.1.29(1116.2.14)
生年:長元5(1032)
平安後期の天台宗の僧。一乗寺僧正と号す。権大納言藤原経輔の子。6歳のときに園城寺で出家し,大峰, 葛城両山で苦行した。白河天皇,堀河天皇2代の護持僧を勤め,法験を発揮して栄達の道を歩む。応徳3(1086)年に権大僧都。寛治4(1090)年に白河上皇の熊野詣の先達を勤め,初めて熊野三山検校に補され,洛東に聖護院を建立。康和2(1100)年に園城寺長吏,長治2(1105)年に天台座主(第39世,山門派の反対で翌日辞退),大僧正となり,13カ寺の別当も兼ねた。加持祈祷と修験の両面で院の信仰を得て,その地位を築いた。

(三橋正)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうよ【増誉】

1032‐1116(長元5‐永久4)
平安後期の天台宗の僧。一乗寺大僧正とも号する。大納言藤原経輔の子。6歳で園城(おんじよう)寺乗延の室に入り,別当行円に就いて剃髪,行観に灌頂を受けた。若くして葛城に入峯,苦行を積み修験の徳を称され,白河,堀河両天皇の護持僧となり,両天皇のほか藤原師房,聡子内親王,媞子内親王の病気平癒を祈って験あり,女御藤原苡子(いし)を蘇生させた話がある。1090年(寛治4)白河上皇の熊野御幸に供奉,熊野三山検校の初例となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうよ【増誉】

1032~1116) 平安末期の天台宗の僧。藤原経輔の子。京都聖護院の開山。天台宗修験の発展に貢献。白河・堀河両天皇に重用され、その護持僧となる。熊野三山検校けんぎよう。天台座主ざす

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の増誉の言及

【聖護院】より

…智証大師円珍の開創と伝えられる。はじめ常光院と称したが,11世紀末に増誉が入寺して聖護院と改称した。増誉は1090年(寛治4)に白河上皇の熊野参詣に先達をつとめ,その功として熊野三山別当に任ぜられ,以後,当寺は修験道と深い関係をもった。…

※「増誉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

増誉の関連キーワード聖護院旧仮皇居熊野別当千本松原雄誉霊巌明良洪範新熊野社熊野信仰増智隆明生仏

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

増誉の関連情報