コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨース・ファン・ヘント Joos van Gent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨース・ファン・ヘント
Joos van Gent

[生]1430頃
[没]1476頃
フランドルの画家。本名 Joos van Wassenhove。 1460年にアントウェルペン,64年にヘントの画家組合に登録。 69年以降イタリアに行き,72~75年はウルビノ公に仕えたといわれる。フランドル派の伝統を基礎にモニュメンタルな画像構成と人物の荘重な表現を特徴とした。作品は『三賢王の礼拝』 (メトロポリタン美術館) ,ヘントのバーフ大聖堂の三翼祭壇画『磔刑図』 (1464) ,『使徒たちの聖餐』 (73~74,ウルビノ,マルケ国立美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨース・ファン・ヘントの関連キーワード日野勝光カボート(父子)尚宣威王レギオモンタヌスハーフィズ・イ・アブルービータウタス中世ヨーロッパの音楽ムルチャー対馬丸事件狩野元信

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android