コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーマンリー yeomanry

翻訳|yeomanry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーマンリー
yeomanry

イギリス史上で,ジェントリー小作農の間に位置する階級で,独立自営の自由な農民ヨーマン yeomanともいう。 15世紀頃より登場した。一般には土地保有者であったが,同時に王家や貴族の従者番卒,部下をいうこともあった。年収 40シリングをあげる自由な土地をもち,武器所持の特権を認められている者と定義されることもある。中世以降のヨーマンリーは,一般にもっぱら耕作に従事していたが,資本主義の発達に伴って解体し,特に産業革命時代の農業革命によって滅びたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヨーマンリー(yeomanry)

ヨーマンの階層を表す集合的な名詞。もしくはヨーマンたる状態をさす。→ヨーマン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ヨーマンリーの関連キーワードリスト(Friedrich List)ジェファーソニアン・デモクラシー独立自営農民ケット

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android