ヨーマンリー(英語表記)yeomanry

翻訳|yeomanry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーマンリー
yeomanry

イギリス史上で,ジェントリー小作農の間に位置する階級で,独立自営の自由な農民ヨーマン yeomanともいう。 15世紀頃より登場した。一般には土地保有者であったが,同時に王家や貴族の従者番卒,部下をいうこともあった。年収 40シリングをあげる自由な土地をもち,武器所持の特権を認められている者と定義されることもある。中世以降のヨーマンリーは,一般にもっぱら耕作に従事していたが,資本主義の発達に伴って解体し,特に産業革命時代の農業革命によって滅びたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ヨーマンリー

〘名〙 (yeomanry) ヨーマンを階層としていう語。また、ヨーマンである状態。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android