コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパ通貨機構 ヨーロッパつうかきこう

百科事典マイペディアの解説

ヨーロッパ通貨機構【ヨーロッパつうかきこう】

通称EMI(European Monetary Instituteの略)。ヨーロッパ中央銀行(ECB)の前身で,EU(ヨーロッパ連合)の経済通貨統合プログラムの過程でできた組織。
→関連項目ヨーロッパ市場統合

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のヨーロッパ通貨機構の言及

【経済通貨同盟】より

…これに伴い,従来のヨーロッパ共同体European Community(EC)は新たにヨーロッパ連合European Union(EU)と称されることになった。 EMUは94年1月から第2段階に入り,後に設立されるヨーロッパ中央銀行の前身としてヨーロッパ通貨機構European Monetary Institute(EMI)が設立され(1994年1月,本部フランクフルト,ランファルシー総裁),第3段階における単一通貨の発行および金融政策の一元化に向けての準備を行うことになった。さらに95年12月のヨーロッパ理事会(EUサミット)において,(1)第3段階への移行時期を99年1月1日とすること,(2)同時に導入される単一通貨の名称はユーロEuroとすることが決定された。…

※「ヨーロッパ通貨機構」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨーロッパ通貨機構の関連キーワードヨーロッパ中央銀行制度ヨーロッパ通貨統合経済通貨同盟EU誕生BIS

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android