コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーンソン ヨーンソン Johnson, Eyvind

2件 の用語解説(ヨーンソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーンソン
ヨーンソン
Johnson, Eyvind

[生]1900.7.29. ノルランド,エベルーレオ
[没]1976.8.25. ストックホルム
スウェーデンの小説家。前衛的手法を駆使する異色作家。北極圏に近い僻地の山村に生れ,14歳のときから各種の危険な重労働についた。 19歳でストックホルムに出,数年後ベルリンに,次いでパリに渡る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーンソン
よーんそん
Eyvind Olof Verner Johnson
(1900―1976)

スウェーデンの作家。石工の子として生まれ、肉体労働に従事しながら、独学で新しい思潮の吸収に努める。ジャーナリストを志し、1921~23年ベルリン、パリに滞在、第一次世界大戦後のヨーロッパの実状に触れる。飢餓の記録とよばれる小説『見知らぬ四人』(1924)で文壇に登場、四部作の自伝小説ウーロフをめぐる物語』(1934~37)で揺るぎない地位を確立した。『夜間演習』(1938)はナチス批判の作品。ソビエトフィンランド戦争、共産主義体制への批判の『兵士の帰還』(1940)と『クリローングループ』三部作(1941~43)は第二次世界大戦中の執筆。反戦新聞の地下出版にも従事している。戦後は『暗い歳月の流れに』(1946)、『陛下の御世(みよ)』(1960)ほか長編歴史小説を精力的に発表。57年アカデミー会員。74年ノーベル文学賞受賞。[田中三千夫]
『エイヴィンド・ユーンソン著、谷口幸男訳『暗い歳月の流れに』上下(1975・三笠書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨーンソンの関連キーワードアイルランドアイルランド海パルランド聖ピーターアイルランド教会わんぱーく高知アニマルランドアイルランド国立交響楽団アイルランドの子守唄バトルランナーマジカルランドアイルランド[島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone