コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライトモティーフ

百科事典マイペディアの解説

ライトモティーフ

示(指)導動機と訳す。R.ワーグナー楽劇標題音楽において,人物や事物,あるいは状況や想念・概念を表現,象徴する音楽動機(断片的旋律)。ワーグナーの友人で《バイロイト誌》の編集主幹H.vonウォルツォーゲン〔1848-1938〕が,《ニーベルングの指環》論(1876年)で用いたもので,ワーグナー自身は〈基礎主題Grundthema〉〈予感動機Ahnungsmotiv〉などと呼んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ライトモティーフ【Leitmotiv[ドイツ]】

歌劇など劇的な声楽や標題音楽において,登場人物や事物(剣,城など),概念(愛,死など)などを表現,象徴する動機。示(指)導動機と訳す。1871年にイェーンスFriedrich Wilhelm Jähns(1809‐88)が提唱した語で,ウォルツォーゲンHans von Wolzogen(1848‐1938)の《ニーベルングの指環》論(1876)において,初めてワーグナーの楽劇との関連で論じられた。ワーグナー自身はライトモティーフの語を否定したが(彼の用語では〈基礎主題Grundthema〉〈予感動機Ahnungsmotiv〉など),この手法は物語の劇的・心理的展開の手段としてきわめて効果的に活用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のライトモティーフの言及

【モティーフ】より

…長大な作品ではいくつものモティーフの複合もみられるが,その際には〈中心モティーフ〉(しばしば作品の理念と目される)と〈副次モティーフ〉を区別する。また同一作品で表現上の目的から一定モティーフが反復して用いられるとき,音楽の用例にならって,これを〈ライトモティーフLeitmotiv〉(ドイツ語。示導動機)という。…

【モティーフ】より

…長大な作品ではいくつものモティーフの複合もみられるが,その際には〈中心モティーフ〉(しばしば作品の理念と目される)と〈副次モティーフ〉を区別する。また同一作品で表現上の目的から一定モティーフが反復して用いられるとき,音楽の用例にならって,これを〈ライトモティーフLeitmotiv〉(ドイツ語。示導動機)という。…

※「ライトモティーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ライトモティーフの関連キーワードトリスタンとイゾルデベルリオーズシュトラウス示導動機