ラウソン(英語表記)Rawson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウソン
Rawson

アルゼンチン南部,チュブト州の州都。バイアブランカの南南西約 550kmにあり,大西洋に注ぐチュブト川の河口の三角江にのぞむ。 1865年イギリスのウェールズ地方からの移住者が建設。灌漑された農牧地帯を背後に控え,小麦,アルファルファ,果実,ヒツジなどを集散する。また漁港でもあり,缶詰工場が立地する。内陸へ延びる鉄道,道路の起点で,バイアブランカからの道路が通じる。人口 10万 132 (1991推計) 。

ラウソン
lawsone

2-オキシ-1,4-ナフトキノンのこと。ミソハギ科の Lawsonia albaなどの葉に含まれる物質で,融点 195~196℃の黄色針状晶。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android