ラウターパクト(英語表記)Hersch Lauterpacht

世界大百科事典 第2版の解説

1897‐1960
オーストリア出身のイギリスの国際法学者。ウィーン大学,ロンドン大学に学んだ後ロンドン大学助教授,1938年からケンブリッジ大学の教授となり,55年国際司法裁判所判事となって大学を去った。ドイツ法学の堅固な理論とイギリス流の実証主義を調和した独特の学風をもって知られる。最初の著作で私法原理がいかに国際法に類推導入されてきたかを論じ(1927),《国際社会の法の機能》(1933)では国際社会の特質から国際法の可能性を論じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android