コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウターパクト Hersch Lauterpacht

世界大百科事典 第2版の解説

ラウターパクト【Hersch Lauterpacht】

1897‐1960
オーストリア出身のイギリス国際法学者。ウィーン大学,ロンドン大学に学んだ後ロンドン大学助教授,1938年からケンブリッジ大学の教授となり,55年国際司法裁判所判事となって大学を去った。ドイツ法学の堅固な理論とイギリス流の実証主義を調和した独特の学風をもって知られる。最初の著作で私法原理がいかに国際法に類推導入されてきたかを論じ(1927),《国際社会の法の機能》(1933)では国際社会の特質から国際法の可能性を論じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラウターパクトの関連キーワード新藤兼人黒人文学磯崎新川添登国際通貨問題メタボリズム[各個指定]芸能部門韓国安保闘争教育改革