ラクタートデヒドロゲナーゼ

化学辞典 第2版の解説

ラクタートデヒドロゲナーゼ
ラクタートデヒドロゲナーゼ
L-lactate dehydrogenase

EC 1.1.1.27.略称LDH.乳酸脱水素酵素ともいう.代謝系において,解糖系と乳酸発酵系とをつなぐ酵素.名称からは,乳酸を脱水素してピルビン酸をつくる酵素となるが,実際には,平衡は逆向きに偏っており,ピルビン酸から乳酸をつくる.ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)が水素受容体となる.細胞障害により血中に遊出するので,肝機能検査などに利用されている.がん,溶血,心筋梗塞などでも高値となる.

L-乳酸 + NAD ピルビン酸 + NADH

動物の筋肉,内臓,血液中に存在し,また乳酸菌中に見いだされる.ラットの肝臓などから単離されたものは分子量1.34×105,4個のサブユニットより構成されている.サブユニットにはA,Bの2種類存在し,その組合せによって A4,A3B,A2B2,AB3,B4 の状態があり,5種類のアイソザイムの存在が知られている.[CAS 9001-60-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android