コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラクロス・レーダ偵察衛星 ラクロス・レーダていさつえいせいLacrosse radar reconaissance satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラクロス・レーダ偵察衛星
ラクロス・レーダていさつえいせい
Lacrosse radar reconaissance satellite

アメリカが 1988年 12月にスペースシャトルアトランティス』を使って打上げた初のレーダ偵察衛星。当初ワルシャワ条約機構軍部隊を偵察するために開発された。KH偵察衛星解像力にすぐれるものの,テレビ・カメラを使っているため雲があると偵察不能となる。その点,合成開口レーダを搭載するラクロス衛星は天候を問わず,夜間でも偵察可能である。解像力は 1m程度といわれる。レーダ・アンテナとレーダ送信機に大量の電力を供給するために全長 50m近い太陽電池パネルを必要とする。ラクロス衛星と KH衛星を組合せることにより 24時間の全天候偵察が可能となる。重量約 14.5t。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラクロス・レーダ偵察衛星の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門キェシロフスキ高良留美子植物ホルモン竹下登内閣中川李枝子板場真二本州四国連絡橋井上光晴ソ連崩壊と東欧の歴史的変革