ラクロス・レーダ偵察衛星(読み)ラクロス・レーダていさつえいせい(英語表記)Lacrosse radar reconaissance satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラクロス・レーダ偵察衛星
ラクロス・レーダていさつえいせい
Lacrosse radar reconaissance satellite

アメリカが 1988年 12月にスペースシャトルアトランティス』を使って打上げた初のレーダ偵察衛星。当初ワルシャワ条約機構軍部隊を偵察するために開発された。KH偵察衛星解像力にすぐれるものの,テレビ・カメラを使っているため雲があると偵察不能となる。その点,合成開口レーダを搭載するラクロス衛星は天候を問わず,夜間でも偵察可能である。解像力は 1m程度といわれる。レーダ・アンテナとレーダ送信機に大量の電力を供給するために全長 50m近い太陽電池パネルを必要とする。ラクロス衛星と KH衛星を組合せることにより 24時間の全天候偵察が可能となる。重量約 14.5t。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android