コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラセイバ La Ceiba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラセイバ
La Ceiba

ホンジュラス北西部の都市。アトランティダ県の県都。首都テグシガルパの北北東約 200km,カリブ海にのぞむ港湾都市で,ボニト山 (2435m) 北麓に位置する。 19世紀後半バナナの積出港として発展,現在同国カリブ海側の主要港の一つとなっている。 1940年代以降病害によって後背地のバナナ・プランテーションが壊滅,現在は主としてココナッツマニラ麻,オレンジなどを積出す。工業も盛んで,靴,石鹸,葉巻,ジャムなどの日用品が製造されるほか,製粉製材,醸造や,なめし皮の製造も行われる。鉄道,道路が通じ,空港もある。人口7万 1600 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラ‐セイバ(La Ceiba)

中央アメリカ、ホンジュラス北部にある港湾都市。アトランティーダ県の県都。カリブ海に面するバナナの積み出し港として発展。ピコボニート国立公園や沖合バイア諸島への観光拠点になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ラセイバの関連キーワードホンジュラス湾中央アメリカ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android