コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラドクリフ報告 ラドクリフほうこくRadcliffe Report

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラドクリフ報告
ラドクリフほうこく
Radcliffe Report

イギリスの金融制度を再検討する目的で「金融制度の作用に関する委員会」 Committee on the Working of the Monetary System (通称ラドクリフ委員会) が 1959年5月に作成した報告書。この報告は従来の金融政策が通貨量のコントロールに関心をもっていたのに対し,通貨量を含めた一般的流動性のコントロールの重要性を指摘している。すなわち手持ち現金状況,金融資産の構成および流動性,借入れの難易などの流動性全般に着目し,このような一般的流動性が経済主体の支出態度,銀行の貸出しを規定し,総有効需要水準に影響を及ぼすと考えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラドクリフほうこく【ラドクリフ報告 Radcliffe Report】

1957年にイギリス大蔵省覚書に基づいて,法律家ラドクリフC.J.Radcliffeを委員長として設置された委員会の発表した報告書。この委員会の正式名称は〈金融制度の機能に関する委員会Committee on the Working of the Monetary System〉(通称ラドクリフ委員会)で,その役割は第2次大戦後のイギリス金融制度を再検討することであった。59年に有名な報告書《金融制度の機能に関する委員会報告》を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラドクリフ報告の関連キーワード通貨信用委員会

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android