コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラハブ Rahab

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラハブ
Rahab

旧約聖書『ヨシュア記』に出てくるエリコの遊女の名前。『マタイによる福音書』 (1・5) ではイエスの祖先とされる。『ヨシュア記』によれば,ヨシュアの派遣した2人の斥候をかくまったためイスラエル軍のエリコ侵入の際生命の保障を得,陥落後はユダヤの民のなかに数えられヨシュアの妻となった。この家系からはエレミヤ,フルダ,エゼキエルなど多くの預言者を出した。

ラハブ
Rahab

旧約聖書各書に出てくる海の怪獣の名。ここからエジプトに対する詩的呼称となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラハブの関連キーワードトカラ列島県立自然公園聖ペテロパウロ教会宝島(鹿児島県)吐噶喇列島ヘビ咬傷ハブ波布宝島

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android