ラハブ(英語表記)Rahab

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラハブ
Rahab

旧約聖書『ヨシュア記』に出てくるエリコの遊女の名前。『マタイによる福音書』 (1・5) ではイエスの祖先とされる。『ヨシュア記』によれば,ヨシュアの派遣した2人の斥候をかくまったためイスラエル軍のエリコ侵入の際生命の保障を得,陥落後はユダヤの民のなかに数えられヨシュアの妻となった。この家系からはエレミヤ,フルダ,エゼキエルなど多くの預言者を出した。

ラハブ
Rahab

旧約聖書各書に出てくる海の怪獣の名。ここからエジプトに対する詩的呼称となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android