コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斥候 うかみ

4件 の用語解説(斥候の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斥候
うかみ

古代の間諜。敵の様子を探る者。「うかがい見る」の略であろう。『日本書紀』継体天皇,推古天皇の条に「候」と出ており,大化2 (646) 年,大化改新の詔に初めて「斥候」とみえる。壬申の乱の直前,近江朝廷側が大海人皇子側の様子を探るために利用したらしい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せっ‐こう〔セキ‐〕【斥候】

敵の状況や地形などを探ること。また、そのために部隊から派遣する少数の兵士。「斥候を放つ」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

斥候【せっこう】

地上戦闘の際,敵情,地形などを偵察,あるいはひそかに監視するため,本隊から派遣される単独兵または小人数の部隊。その偵察行為そのものをさすこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

せっこう【斥候】

( 名 ) スル
敵情や地形などをひそかに探ること。また、そのためにさしむける小人数の兵。 「威海衛東口を-したり/欺かざるの記 独歩

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斥候の関連キーワード偵察衛星陸軍零式艦上戦闘機探察吊り井楼敵情MBT地形籠地上戦ヘリボーン

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斥候の関連情報