コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斥候 うかみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斥候
うかみ

古代の間諜。敵の様子を探る者。「うかがい見る」の略であろう。『日本書紀継体天皇推古天皇の条に「」と出ており,大化2 (646) 年,大化改新の詔に初めて「候」とみえる。壬申の乱の直前,近江朝廷側が大海人皇子側の様子を探るために利用したらしい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せっ‐こう〔セキ‐〕【斥候】

敵の状況や地形などを探ること。また、そのために部隊から派遣する少数の兵士。「斥候を放つ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

斥候【せっこう】

地上戦闘の際,敵情,地形などを偵察,あるいはひそかに監視するため,本隊から派遣される単独兵または小人数の部隊。その偵察行為そのものをさすこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せっこう【斥候】

( 名 ) スル
敵情や地形などをひそかに探ること。また、そのためにさしむける小人数の兵。 「威海衛東口を-したり/欺かざるの記 独歩

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

斥候の関連キーワード鼈甲斎 虎丸(5代目)オリエンテーリング鼈甲斎虎丸(5代)バッファロー・ビルヘンリー ルソーボーイ・スカウト敵中横断三百里窺見・候・間諜新海 竹太郎いいだ もも滝川 弁三田坂 具隆市来勘兵衛新海竹太郎クロケット武市熊吉植村家政ヒコックフィンクカーソン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斥候の関連情報