コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラパルマ島 ラパルマとうIsla de La Palma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラパルマ島
ラパルマとう
Isla de La Palma

アフリカ大陸北西岸沖,カナリア諸島西部の島。スペインの島嶼県サンタクルスデテネリフェ県に属し,同県の主島テネリフェ島の北西約 100kmに位置する。中央部に直径 10kmの大きな火口原をもつタブリエンテ山 (2423m) がそびえる火山島で,雨の多い北東斜面は森林におおわれ,深く開析されているが,近年噴出した溶岩流におおわれた西斜面などは裸地となっている。中心都市は東岸にあるサンタクルスデラパルマで,同島の主要港として,島に産するバナナトマトタバコ,刺繍製品などを積出す。面積 728km2。人口7万 2665 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラ‐パルマ‐とう〔‐タウ〕【ラパルマ島】

La Palma》大西洋、モロッコ沖にあるスペイン領カナリア諸島を構成する島の一。中心都市はサンタクルス‐デ‐ラ‐パルマ。島の中心部には直径10キロメートル、深さ1500メートルという世界最大級のカルデラがあり、国立公園に指定されている。北半球有数の天体観測施設が集まるロク‐デ‐ロスムチャチョス天文台がある。パルマ島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラパルマ島の関連情報