コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラブレニョーフ Boris Andreevich Lavrenyov

世界大百科事典 第2版の解説

ラブレニョーフ【Boris Andreevich Lavrenyov】

1891‐1959
ソ連邦の作家。モスクワ大学法学部卒業。第1次大戦と国内戦に従軍した。1911年に未来派風の詩を発表,20年代中期に《風》(1924),《四十一番目》(1926。映画《女狙撃兵マリュートカ》の原作)など,革命と国内戦期のエピソードをロマンティックに描いた中編で文壇に登場した。つづいて発表された戯曲《破砕》(1927初演,ワフタンゴフ劇場)は,巡洋艦オーロラ号の水兵たちの反乱を描いたもので,新しいタイプの革命英雄劇として歓迎された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラブレニョーフ
らぶれにょーふ
Борис Андреевич Лавренёв Boris Andreevich Lavrenyov
(1891―1959)

ソ連の劇作家。モスクワ大学法学部に学び、作家活動に入る。初めは主として短・中編小説を書くが、1925年、戯曲『煙』の発表後劇作に手を染め、晩年は劇作に専念した。代表作の巡洋艦アウローラ号の反乱を扱う『破砕』(1927)は各地で上演を重ね、初期ソビエト演劇の確立に寄与するところ大である。ほかに『黒海艦隊員の歌』(1943)、『アメリカの声』(1950)、伝記劇『レールモントフ』(1952)などが知られ、いずれもロマン的色彩、劇的葛藤(かっとう)に富み、登場人物の内面心理の掘り下げに巧みで、対話は独特の妙味がある。『風』(1924)、『41番めの男』(1926。映画邦題『女狙撃(そげき)兵マリュートカ』)などの小説もある。[柳 富子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラブレニョーフの関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ラウレルルナ市川崑エルスケン川島雄三

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android