ラプソディー・イン・ブルー

デジタル大辞泉プラスの解説

ラプソディー・イン・ブルー

アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュインのピアノと管弦楽のための作品。1924年初演。原題《Rhapsody in Blue》。クラシックの技法とジャズのスタイルを融合させたガーシュインの代表曲の一つ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラプソディー・イン・ブルー
らぷそでぃーいんぶるー
Rhapsody in Blue

アメリカのジョージ・ガーシュインが1924年に作曲したピアノ協奏曲。ダンス・バンドのリーダーとして活躍していたポール・ホワイトマンが、当時新進のミュージカル作曲家だったガーシュインに作曲を依頼、オーケストレーションはグローフェが担当した。クラリネットの印象的な上昇グリッサンドによって開始され、ジャズ特有の音階やリズムを全曲にちりばめつつ、即興演奏風のスタイルをもったピアノと管弦楽によるコンチェルトが展開される。シンフォニック・ジャズの代表的傑作として名高く、ピアノ独奏や二台のピアノのための異版も残されている。完成後すぐに作曲者自身のピアノ、ホワイトマンとその楽団により、ニューヨークで初演された。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラプソディー・イン・ブルーの関連情報