コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラプソディー・イン・ブルー

2件 の用語解説(ラプソディー・イン・ブルーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ラプソディー・イン・ブルー

アメリカの作曲家ジョージガーシュインピアノ管弦楽のための作品。1924年初演。原題《Rhapsody in Blue》。クラシックの技法とジャズスタイルを融合させたガーシュインの代表曲の一つ。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラプソディー・イン・ブルー
らぷそでぃーいんぶるー
Rhapsody in Blue

アメリカのジョージ・ガーシュインが1924年に作曲したピアノ協奏曲。ダンスバンドリーダーとして活躍していたポール・ホワイトマンが、当時新進のミュージカル作曲家だったガーシュインに作曲を依頼、オーケストレーショングローフェが担当した。クラリネットの印象的な上昇グリッサンドによって開始され、ジャズ特有の音階やリズムを全曲にちりばめつつ、即興演奏風のスタイルをもったピアノと管弦楽によるコンチェルトが展開される。シンフォニック・ジャズの代表的傑作として名高く、ピアノ独奏や二台のピアノのための異版も残されている。完成後すぐに作曲者自身のピアノ、ホワイトマンとその楽団により、ニューヨークで初演された。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラプソディー・イン・ブルーの関連情報