コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラベット ラベットLovett, William

2件 の用語解説(ラベットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラベット
ラベット
Lovett, William

[生]1800.5.8. コーンウォール,ニューリン
[没]1877.8.8. ロンドン
イギリスチャーティスト運動の指導者。労働者としてロンドンに出て,協同組合運動に関与。 1831年全国労働階級同盟に入り,32年逮捕された。 36年ロンドン労働者協会の結成に参加,その指導者となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラベット
らべっと
William Lovett
(1800―1877)

イギリスのチャーティスト運動の代表的指導者。モラル・フォースとよばれる穏健派に属した。コーンウォールのニューリンに生まれる。1821年ロンドンに移って家具製造工となり、協同組合運動や政治運動に参加、頭角を現した。1838年の人民憲章の起草に参加し、翌1839年第1回チャーティストの全国大会で書記に選出され、同年7月にバーミンガムの暴動の責任を問われて逮捕されるなど、初期チャーティスト運動に重要な役割を果たした。1840年7月の出獄後は教育、啓蒙(けいもう)を重視する「知識チャーティズム」を主唱し運動の主流から離れたが、独自の立場から改革運動を続けた。[岡本充弘]
『ラベット著、浜林正夫訳『教育についての訴え』(『世界教育学全集 第51巻』所収・1970・明治図書出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラベットの関連キーワードインド哲学定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治ドルトン吉雄耕牛濃尾平野プロレスリング

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラベットの関連情報