コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラベット ラベット Lovett, William

2件 の用語解説(ラベットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラベット
ラベット
Lovett, William

[生]1800.5.8. コーンウォール,ニューリン
[没]1877.8.8. ロンドン
イギリスチャーティスト運動の指導者。労働者としてロンドンに出て,協同組合運動に関与。 1831年全国労働階級同盟に入り,32年逮捕された。 36年ロンドン労働者協会の結成に参加,その指導者となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラベット
らべっと
William Lovett
(1800―1877)

イギリスのチャーティスト運動の代表的指導者。モラル・フォースとよばれる穏健派に属した。コーンウォールのニューリンに生まれる。1821年ロンドンに移って家具製造工となり、協同組合運動や政治運動に参加、頭角を現した。1838年の人民憲章の起草に参加し、翌1839年第1回チャーティストの全国大会で書記に選出され、同年7月にバーミンガムの暴動の責任を問われて逮捕されるなど、初期チャーティスト運動に重要な役割を果たした。1840年7月の出獄後は教育、啓蒙(けいもう)を重視する「知識チャーティズム」を主唱し運動の主流から離れたが、独自の立場から改革運動を続けた。[岡本充弘]
『ラベット著、浜林正夫訳『教育についての訴え』(『世界教育学全集 第51巻』所収・1970・明治図書出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラベットの関連キーワードコーンウォール語コーンワルコーンウォンコーンワル半島グラソービタミンウォーター フォーカスコーンウォールの若獅子ビタミンウォータームーンシャイン・ウォーレインウォーカーコーンウォール半島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラベットの関連情報