コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラモン・イ・カハル(読み)ラモンイカハル

百科事典マイペディアの解説

ラモン・イ・カハル

スペインの動物組織学者。バレンシア大学,バルセロナ大学教授を経て,マドリード大学教授。C.ゴルジの銀染色法を用いて脳および神経の組織学的研究に業績をあげ,神経が互いに接触する細胞(ニューロン)から成り立つことを明らかにした。1906年ノーベル生理医学賞。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラモン・イ・カハル
らもんいかはる
Santiago Ramn y Cajal
(1852―1934)

スペインの神経解剖学・神経組織学者。ペティラ・デ・アラゴン生まれ。サラゴサ大学で医学を学び、1873年に卒業。バレンシア大学、バルセロナ大学の教授を経て、1892年マドリード大学の組織学・病理解剖学教授となり、1902年には生物学研究所長、国立衛生研究所長に任ぜられた。脳と神経の組織学的研究で知られ、とくに中枢神経系の微細構造を詳しく研究、神経はニューロンによって構成されているという説を唱え、その後の神経科学に大きな影響を与えた。1906年、神経組織の研究業績によりゴルジとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android