コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラモン・イ・カハル ラモンイカハル

3件 の用語解説(ラモン・イ・カハルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラモン・イ・カハル

スペインの動物組織学者。バレンシア大学,バルセロナ大学教授を経て,マドリード大学教授。C.ゴルジの銀染色法を用いて脳および神経の組織学的研究に業績をあげ,神経が互いに接触する細胞(ニューロン)から成り立つことを明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラモン・イ・カハル
ラモン・イ・カハル

カハル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラモン・イ・カハル
らもんいかはる
Santiago Ramn y Cajal
(1852―1934)

スペインの神経解剖学・神経組織学者。ペティラ・デ・アラゴン生まれ。サラゴサ大学で医学を学び、1873年に卒業。バレンシア大学、バルセロナ大学の教授を経て、1892年マドリード大学の組織学・病理解剖学教授となり、1902年には生物学研究所長、国立衛生研究所長に任ぜられた。脳と神経の組織学的研究で知られ、とくに中枢神経系微細構造を詳しく研究、神経はニューロンによって構成されているという説を唱え、その後の神経科学に大きな影響を与えた。1906年、神経組織の研究業績によりゴルジとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラモン・イ・カハルの関連キーワードバレンシア大聖堂組曲「スペイン」スペイン奇想曲スペインの歌スペインの時スペインの庭の夜スペイン舞曲集スペイン国立バレエ団バレンシアの熱い花ラモン・イ・カハル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone