コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラリオーノフ

2件 の用語解説(ラリオーノフの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラリオーノフ

ロシア出身のフランスの画家。妻のナターリヤ・ゴンチャロワ〔1881-1962〕とともに,ロシア革命前夜の前衛芸術運動の一翼を担った。ロシアの民俗芸術を取り入れたネオ・プリミティビズムから出発し,1912年に〈ロバの尻尾〉派を結成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラリオーノフ【Mikhail Fyodorovich Larionov】

1881‐1964
ロシア出身の画家。モルドバチラスポリ近郊生れ。1898‐1910年モスクワの絵画・彫刻・建築学校に学ぶ。最初,印象主義の洗礼を受けるが,10年ころより無数の線条が交錯する画面を試み,13年《光線主義(レイヨニスムRayonnismeロシア語でルチズムLuchizm)宣言》を発表。マレービチとともにロシアにおける最初期の抽象画家と目されるが,その革新的芸術はロシアの伝統的文化(イコン民衆版画ルボーク,農民の刺繡など)への強い愛着から生まれたものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラリオーノフの関連キーワードハイフェッツ白ロシアロスココロシアム小ロシア白系ロシア人ヨーロッパロシアマレービチ労農ロシアモルドビア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone