コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラルナカ Larnaca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラルナカ
Larnaca

ギリシア語で Lárnax,トルコ語で Lârnaka。キプロス南東部,ラルナカ湾にのぞむ港町。前 13世紀のミケーネ時代に創設された都市キティオンの上に建てられ,ビザンチン時代に再建された。港はトルコ時代 (1571~1878) に拡張されたもので,小船舶は接岸できるが,大型船ははしけで往来する。なめし皮,チーズ,加工食品,工業用製塩,化学製品などの工場がある。 1625年に築いたトルコの城塞を改造した博物館には,多くの考古学的遺物がある。ファマグスタ-リマソル間の幹線道路が通り,地中海東部のイズミル (トルコ) ,ベイルート (レバノン) などと海路で結ばれ,観光の基地となっている。人口6万 900 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラルナカ(Larnaka)

キプロスの都市。首都ニコシアに次ぐ同国第2の都市で、国際空港と港湾を擁す。古代ギリシャ時代はキティオンと呼ばれ、当時の神殿や町の外壁が残っている。聖ラザロが埋葬されたという場所に建つ聖ラザロ教会、中世の城塞、ラルナカ塩湖のほとりにあるイスラム寺院ハラスルターンテッケなど、歴史的建造物が多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ラルナカの関連キーワードスタブロブーニ修道院トロードス山脈ギリシア語グリバスキチオン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラルナカの関連情報