コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラルー ラルー Lalou, René

2件 の用語解説(ラルーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラルー
ラルー
Lalou, René

[生]1889
[没]1960
フランスの批評家。現代文学を論じた多くの評論があり,イギリス文学の紹介にもあたった。主著『現代フランス文学史』 Histoire de la littérature française contemporaine de 1870 à nos jours (1922) ,『人間の擁護』 Défense de l'homme (26) ,『現代フランス小説』 Le Roman français depuis 1900 (41) ,『イギリス文学』 La Littérature anglaise (44) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラルー
らるー
Ren Lalou
(1889―1960)

フランスの批評家。ブローニュ・シュル・メールの生まれで大批評家サント・ブーブと同郷。高等中学校(リセ)の英語教師を経て(その間シェークスピアやキーツの翻訳)、各紙に文学時評を書く。主著は『現代フランス文学史』Histoire de la littrature franaise contemporaine上下(1922、47)や『現代英文学展望』(1927)。「人」よりは「作品」論に重きを置き、その細部への注視と鳥瞰(ちょうかん)的展望とがほどよく調和している。また、デカルトからプルーストに至るユニークな小説史や、サント・ブーブから説き起こしてボードレールに至る近代詩史を含む評論集『人間の擁護』(1926)や『叙情的錬金術に向けて』(1927)も無視しえない。[松崎芳隆]
『小松清・武者小路実光訳『フランス詩の歩み』(白水社・文庫クセジュ) ▽吉田健一訳『英文学史』(白水社・文庫クセジュ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラルーの関連キーワード階乗NエヌN末端残基Bel Geddes,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラルーの関連情報