注視(読み)チュウシ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐し【注視】

[名](スル)注意深くじっと見ること。「事の成り行きを注視する」「全員の注視を浴びる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうし【注視】

( 名 ) スル
注意してよく見ること。注目。 「群衆の動きを-する」 「 -を浴びる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐し【注視】

〘名〙 意してじっと見ること。凝視注目
※日本外史(1827)三「宗高騎而独出、両軍注
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「久しくその画を注視(〈注〉ミツメル)せる後」 〔韓愈‐送無本師帰范陽詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

注視の関連情報