注視(読み)ちゅうし

精選版 日本国語大辞典「注視」の解説

ちゅう‐し【注視】

〘名〙 注意してじっと見ること。凝視。注目。
※日本外史(1827)三「宗高騎而独出、両軍注視」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「久しくその画を注視(〈注〉ミツメル)せる後」 〔韓愈‐送無本師帰范陽詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「注視」の解説

ちゅう‐し【注視】

[名](スル)注意深くじっと見ること。「事の成り行きを注視する」「全員の注視を浴びる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android