コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注視 チュウシ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐し【注視】

[名](スル)注意深くじっと見ること。「事の成り行きを注視する」「全員の注視を浴びる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうし【注視】

( 名 ) スル
注意してよく見ること。注目。 「群衆の動きを-する」 「 -を浴びる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

注視の関連キーワードアレクザンダーの法則(生理学)J. ホッホバークプラナブ・ムカジー国連人間環境会議ロビイング規制法ゲシュタルト崩壊スポットライトサンプル値制御アイ・カメラ四丘体症候群光感受性発作ウオッチャー高津例太郎VDT健診歩きスマホ射法八節眼球振盪鶴見俊輔不法行為カントル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

注視の関連情報