ランダー(英語表記)Lander, Harald

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランダー
Lander, Harald

[生]1905.2.25. コペンハーゲン
[没]1971.9.14. コペンハーゲン
デンマークの舞踊家。本名 Alfred Bernhardt Stevnsborg。デンマーク王立舞踊学校を卒業し,1923年同バレエ団に入団,『デンマークより遠く離れて』でデビュー。その後ソ連をはじめアメリカ,メキシコへの研究留学を経て,32年バレエ・マスターになり,『ナポリ』『レ・シルフィード』など,A.ブールノンビルの伝統的作品をレパートリーにするかたわら,現代的な内容と形式をもつ作品『ボレロ』 (1934) ,『七つの大罪』 (36) ,『ラ・バルス』 (40) を振付けた。 53年パリ・オペラ座のディレクターになり,『エチュード』 (52) ,『ウィーンの春』 (56) などを発表。 62年以降コペンハーゲンに戻り,『愛の勝利』 (62) などフランス宮廷バレエ期の作品を蘇演した。のちに王室から勲位を得ている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランダーの関連情報