コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランバサ Lambasa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランバサ
Lambasa

南太平洋,フィジーバヌアレブ島の中心都市。同島北岸に位置し,サトウキビ栽培地帯の中心地港湾,空港がある。人口約1万 3000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランバサ
らんばさ
LabasaLambasa

南太平洋、フィジーのバヌア・レブ島北岸にある町。人口2万5400(2003推計)。付近はサトウキビ栽培が盛んで、ここに製糖工場がある。フィジーの本島ともいうべきビチ・レブ島の5分の1にすぎない人口約12万のバヌア・レブ島では唯一の市街地。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ランバサの関連キーワードバヌア・レブ[島]バヌア・レブ[島]オセアニア南太平洋

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android