コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランバサ ランバサ Lambasa

3件 の用語解説(ランバサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランバサ
ランバサ
Lambasa

南太平洋,フィジーバヌアレブ島の中心都市。同島北岸に位置し,サトウキビ栽培地帯の中心地。港湾,空港がある。人口約1万 3000。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ランバサ(Labasa)

フィジー諸島、バヌアレブ島北岸の都市。インド系住民が多く居住。周辺にサトウキビのプランテーションが広がり、同島における製糖業の中心地として発展した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランバサ
らんばさ
LabasaLambasa

南太平洋、フィジーのバヌア・レブ島北岸にある町。人口2万5400(2003推計)。付近はサトウキビ栽培が盛んで、ここに製糖工場がある。フィジーの本島ともいうべきビチ・レブ島の5分の1にすぎない人口約12万のバヌア・レブ島では唯一の市街地[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランバサの関連キーワードスババヌアツフィジーイサレイ 〜フィジーの別れのうた〜フィジーウォーターフィジーバスパシフィカフェスティバルトンガタプ[島]バヌア・レブ[島]ロトゥマ[島]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランバサの関連情報