コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランパント・カリエス らんぱんとかりえす Rampant Caries

1件 の用語解説(ランパント・カリエスの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

らんぱんとかりえす【ランパント・カリエス Rampant Caries】

[どんな病気か]
 一度にかなり進行したむし歯が多数の歯にみられるもので、汎発性(はんぱつせい)う蝕(しょく)ともいいます。早い時期に歯髄(しずい)がおかされやすい特徴があります。多数の歯の歯ぐきとの境の部分が同時に褐色に変色し、歯がとけてやわらかくなります。
 以前は、このように多くの歯におよぶむし歯をもつ子どもが多数みられましたが、最近ではほとんどみかけなくなっています。
 この場合のむし歯のできる過程はふつうのむし歯と同じで、むし歯に対する抵抗力の弱い歯(2歳~5、6歳の乳歯(にゅうし)および11~19歳までの永久歯(えいきゅうし))にできます。原因は、糖分のとりすぎや、飲食の回数が多いことです。
 治療は、ふつうむし歯の治療と同様に、むし歯の病変部をとり除きそこに金属やレジンなどをつめ、フッ素療法、歯垢(しこう)の除去や歯みがきの指導などを行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ランパント・カリエスの関連キーワードジェンナー一度にどんどん節何心地何なりはんなりひんなり不死身プリマドンナ病は気から

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone