コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランベール Lambert d'Avignon, François; Franz Lambert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランベール
Lambert d'Avignon, François; Franz Lambert

[生]1486. アビニョン
[没]1530.4.18. フランケンベルク
プロテスタント神学者。 15歳でフランシスコ会修道院に入ったが,聖書研究の結果,1522年までにカトリックを捨て,スイス,ドイツにおける宗教改革の指導者の一人となった。 24年からストラスブールで説教し,26年ヘッセン伯フィリップに仕えて,主著『ヘッセン教会の改革』 Reformatio ecclesiarum Hessiaeを書き,彼は教会会議による民主的教会行政を主張した。 27年マールブルク大学教授,29年のマールブルク会議以後ツウィングリ派となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランベール
らんべーる
Dame Marie Rambert
(1888―1982)

ポーランド生まれのイギリスの女性舞踊家、バレエ団主宰者。ワルシャワに生まれる。ジュネーブでE・ジャック・ダルクローズの「リトミック」を習得、ロシア・バレエ団(バレエ・リュス)のディアギレフに懇請され、ニジンスキーの『春の祭典』(ストラビンスキー作曲)の振付けに協力した。これをきっかけにバレエに興味をもち、ロシア・バレエ団のコール・ド・バレエで踊ったのち、ロンドンに住み、1926年にバレエ団を創設した。31年からバレエ・クラブ(のちのマーキュリー劇場)などで公演の際には「バレエ・ランベール」と称し、多くの人材を育て、優れたモダン・バレエを上演した。F・アシュトン、A・チューダー、J・クランコらの若い時代の作品はこのバレエ団で上演された。ランベール死後、バレエ・ランベールはランベール・ダンス・カンパニーと改称された。[市川 雅]
『Jane Pritchard Rambert ; A Celebration ; A Survey of the Company's First Seventy Years(1996, Rambert Dance Company, London)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ランベールの関連キーワードアシュトン(Sir Frederic Ashton)ランバート(Dame Marie Rambert)ヘップバーン(Audrey Hepburn)ルブラン(Charles Le Brun)くまのアーネストおじさんとセレスティーヌデミル(Agnes De Mille)サーベラス・キャピタル・マネジメントランバート・ダンス・カンパニーダランベールのパラドックスラグランジュの微分方程式ペスト(カミュの小説)アンシクロペディストアレクサンドル物語バレエ・ランバート華麗なるアリバイチャルトルイスキナチョ ドゥアトダランベールの夢パリ外国宣教会ル・シュウール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランベールの関連情報