コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランベール ランベール Lambert d'Avignon, François; Franz Lambert

2件 の用語解説(ランベールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランベール
ランベール
Lambert d'Avignon, François; Franz Lambert

[生]1486. アビニョン
[没]1530.4.18. フランケンベルク
プロテスタント神学者。 15歳でフランシスコ会修道院に入ったが,聖書研究の結果,1522年までにカトリックを捨て,スイスドイツにおける宗教改革の指導者の一人となった。 24年からストラスブールで説教し,26年ヘッセンフィリップに仕えて,主著『ヘッセン教会の改革』 Reformatio ecclesiarum Hessiaeを書き,彼は教会会議による民主的教会行政を主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランベール
らんべーる
Dame Marie Rambert
(1888―1982)

ポーランド生まれのイギリスの女性舞踊家、バレエ団主宰者。ワルシャワ生まれる。ジュネーブでE・ジャック・ダルクローズの「リトミック」を習得、ロシア・バレエ団バレエ・リュス)のディアギレフに懇請され、ニジンスキーの『春の祭典』(ストラビンスキー作曲)の振付けに協力した。これをきっかけにバレエに興味をもち、ロシア・バレエ団のコール・ド・バレエで踊ったのち、ロンドンに住み、1926年にバレエ団を創設した。31年からバレエ・クラブ(のちのマーキュリー劇場)などで公演の際には「バレエ・ランベール」と称し、多くの人材を育て、優れたモダン・バレエを上演した。F・アシュトン、A・チューダー、J・クランコらの若い時代の作品はこのバレエ団で上演された。ランベール死後、バレエ・ランベールはランベール・ダンス・カンパニーと改称された。[市川 雅]
『Jane Pritchard Rambert ; A Celebration ; A Survey of the Company's First Seventy Years(1996, Rambert Dance Company, London)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランベールの関連キーワードアビニョン捕囚ビルヌーブレザビニョンロシェデドン公園アビニョンの橋でアビニョン教皇庁アビニョン芸術フェスティバル《アビニョンの動物誌》アビニョンの橋《アビニョンの橋》《アビニョンの娘たち》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランベールの関連情報