コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランメルムーアのルチア

2件 の用語解説(ランメルムーアのルチアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ランメルムーアのルチア

イタリアの作曲家ガエターノ・ドニゼッティオペラ『ランメルモールルチア』の別名。原題《Lucia di Lammermoor》

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランメルムーアのルチア
らんめるむーあのるちあ
Lucia di Lammermoor

イタリアの作曲家ドニゼッティの三幕オペラ。イギリスの作家W・スコットの小説『ラマムアの花嫁』に基づくS・カンマラーノの台本による。17世紀のスコットランドを舞台にした悲劇で、精神に異常をきたしたヒロインに扮(ふん)する歌手が声と技巧を聞かせる「狂乱オペラ」の代表的名作である。ストーリーは、領主エンリーコに父を殺され、城も奪われたエドガルドは彼を仇敵(きゅうてき)とねらうが、たまたまエンリーコの妹ルチアの危難を救い、愛し合うようになる。ところがエンリーコは妹の政略結婚を画策し、エドガルドが不実な男であるとルチアに思い込ませ、ルチアは誤解したまま悲嘆に暮れて政略結婚を承諾する。結婚式の場にエドガルドが現れ、逆にルチアの不実を責めるが時すでに遅く、その夜ルチアは精神に異常をきたして花婿を刺し、自らも死ぬ。それを知ったエドガルドも自刃して果てる、というもの。第二幕の「狂乱の場」はソプラノの聞かせどころとしてとくに名高い。単に「ルチア」と題されることもある。1835年ナポリで初演。日本初演は1918年(大正7)原信子(のぶこ)歌劇団による抄演。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランメルムーアのルチアの関連キーワードドニゼッティランメルモールのルチア愛の妙薬イタリア奇想曲イタリアのハロルドエルナーニドン・パスクワーレファヴォリータラ・ファヴォリータプラッティ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone