コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージャラージャ[1世] Rājarāja I

1件 の用語解説(ラージャラージャ[1世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラージャラージャ[1世]【Rājarāja I】

?‐1016
インドチョーラ朝中興の英主。在位985‐1016年。10世紀の後半ラーシュトラクータ朝によって弱体化していた王国を再興し,彼の息子ラージェーンドラ1世とともに約半世紀の間南インドを支配してその国威を高めた。国王の遠征事業は広範であった。まず,ケーララ,パーンディヤ,セイロンの連合勢力を破り,マラバールをその支配下において西方貿易の権利を手中に入れようとした。その後アラビア貿易の重要な拠点であったモルジブ諸島にも海軍を送って攻撃した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ラージャラージャ[1世]の関連キーワード新銀行東京おがさわら丸クヌート奝然デーン人源経信エセルレッド[2世]クヌット[2世]後一条天皇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone