コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマトラ スマトラ sumatra

翻訳|sumatra

7件 の用語解説(スマトラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スマトラ(sumatra)

コイ科の淡水魚。全長は約5センチ。体は側扁し、4本の黒色横帯がある。スマトラボルネオに分布。観賞用熱帯魚。

スマトラ(Sumatra)

インドネシア西部、大スンダ列島西端の島。世界第6位の大島。赤道直下にあるが標高が高いため気候は温和。メダン・パダン・パレンバンなどの都市がある。石油・ゴム・錫(すず)を産出。面積47万3500平方キロメートル。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

スマトラ

ビルケンシュトックが販売するサンダル。同社のブランド「ビルキー」の製品。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スマトラ【sumatra】

コイ目の淡水魚。全長5センチメートル 前後。スマトラ・ボルネオ原産。黄金色の地に四本の黒色横帯が走る。卵生。観賞用熱帯魚。

スマトラ【Sumatra】

インドネシアの西部、赤道直下に位置する島。熱帯雨林気候の地で未開発地が多い。石油・ゴム・スズの産地。メダン・パダン・パレンバンなどの都市がある。面積47万平方キロメートル。 〔「蘇門答剌」とも当てた〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スマトラ
スマトラ

スマトラバルブ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スマトラ
すまとら
sumatra

東南アジア、大スンダ列島スマトラ島の山地から、マラッカ海峡側に吹き降ろしてくる南西の下降風。5~9月にかけて吹き、南西季節風として雷雨を伴うことが多い。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スマトラの関連キーワードインド綿インド赤ウインドマインド蘭領インドインドアーリア語インド黄カインドハンドインハンド東インド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スマトラの関連情報