コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラースロー4世 ラースローよんせいLászló IV, Kun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラースロー4世
ラースローよんせい
László IV, Kun

[生]1262
[没]1290.7.10. ケレシュセグ
アールパード朝ハンガリー王国の王 (在位 1272~90) 。母方からクマン人 (→クマノイ族 ) の血をひき,「クマン人」 Kunとあだ名された。ボヘミア王オタカル2世の進出をハプスブルク家のルドルフ1世と協力して打破 (78) 。しかし国内の大貴族の支持が得られず,またキリスト教徒の正妻を虐待し,異教徒のクマン人の妾姫を寵愛したため,教皇庁の疑惑を買った。 1288年反ラースロー4世の十字軍が宣せられ,内乱が勃発。健闘したが輩下のクマン人に暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラースロー4世の関連キーワード浄土真宗李璮の乱叡尊太田康有ビスコンチ家ヘースティングズ家元の時代(年表)浅原為頼浅原為頼ハルジー朝

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android