コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・シャロテー Louis René Caradeuc de La Chalotais

1件 の用語解説(ラ・シャロテーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・シャロテー【Louis René Caradeuc de La Chalotais】

1701‐85
フランスの行政官,政治家。レンヌの名家に生まれ,同地に没す。レンヌの高等法院の検事長を経て,1752年検事総長イエズス会士ラ・バレットに対する損害賠償請求訴訟に端を発してイエズス会の会憲の検討報告書の作成にあたり,この報告書にもとづき同州からのイエズス会の追放がなされ,これを契機に64年全フランスから同会が追放された。この追放によって生じた中等教育の空白をうめるべく,家族主義国家観にたち国家が教育権を握るべしとする,教育史上最初の国民教育論を展開し,ボルテールの助言をうけて,1763年覚書にまとめたのが《国民教育論Essai ďéducation nationale ou plan ďétudes pour la jeunesse》である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のラ・シャロテーの言及

【宗教教育】より

… 18世紀中ごろになるとフランスでは動揺しはじめた絶対主義体制を補強し,王権を強化する立場から,ウルトラモンタニズム(教皇至上主義)に対する批判が強まり,この主義をとるイエズス会がフランス全土から追放され,彼らの経営するコレージュは閉鎖された。空白の中等教育を国家主義の立場から再建する案としてのラ・シャロテーの《国民教育論》(1763)は,宗教教育は学校の任務ではなく教会の任務であるとして,宗教教育を学校から排除することを主張し,当時の啓蒙思想家たちに歓迎された。革命期には非キリスト教化運動が進められ,コンドルセの公教育改革案に代表されるように,思想・信教の自由の立場で学校教育から宗教教育を排除し,それを家庭の親の責任に帰した。…

※「ラ・シャロテー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラ・シャロテーの関連キーワード行政官行政官庁行政庁コンスタンデュクロミッテランガスペーフランスソワールマンデスフランスシャトーブリアン・ステーキ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone