コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ボエシー Étienne de La Boétie

1件 の用語解説(ラ・ボエシーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・ボエシー【Étienne de La Boétie】

1530‐63
フランス中部の町サルラの人。オルレアンで法律を学んだのち,1554年ボルドー最高法院評定官となり,57年同僚として着任したモンテーニュと親交を結ぶ。学識と識見によって令名をうたわれたが流行病で死去。71年詩作品およびクセノフォンプルタルコスの翻訳がモンテーニュの手で出版される。また《自発的隷従論》は若い時期の作品で,暴君が存在しつづけるのは人民たちがみずから屈従する態度をとるためとするが,これが古代作家から得た材料による一般論か現実の対象を念頭においたものかは論がわかれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラ・ボエシーの関連キーワードネーデルラントフラノルマンコレージュドフランスザールラントリムジンサルララカネダサンテチエンヌジャッククール宮殿メンヒ山

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone