コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リグリア州 リグリアLiguria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リグリア〔州〕
リグリア
Liguria

イタリア北西部にある州。州都ジェノバ。北はフランスのアルプマリティム県およびリグリアアペニン山脈に接し,南はリグリア海にのぞむ。古くは地中海系のリグリア人が居住し,前1世紀ローマに征服された。ランゴバルド,フランクなどによる支配のあと,11世紀にジェノバが台頭。 15世紀までには全地域を支配するにいたる。ナポレオン1世に征服され,ウィーン会議の結果ピエモンテに帰属。平野が少く,斜面ではトウモロコシ,ブドウ,オレンジ,オリーブ,レモン,花卉などが栽培され,海岸はフランスまで続く世界的な保養地リビエラである。ジェノバ,ラスペツィアなどの港湾を中心として重化学工業が発達している。面積 5413km2。人口 170万 1788 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リグリア州の関連キーワードポルトヴェネーレ、チンクエサンタマルゲリータリーグレマドンナデッラコスタ教会モンテロッソアルマーレドーリアトゥルシ宮殿レジーナエレナ庭園フィナーレリーグレリオマッジョーレベンティミーリアピエモンテ[州]スピノーラ宮殿ポルトフィーノベンティミリアデ・アミーチスラ・スペチアコルニーリアジェノバ王宮ティネット島サルツァーナコルニリアノ