コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスゴー Lithgow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リスゴー
Lithgow

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州東部,シドニーの北西 146kmにある炭鉱・工業都市。同国の鉄鋼業の先駆地 (1875~1928) 。 19世紀に石炭輸送のために建設されたジグザグと呼ばれる鉄道が残っている。現在は石炭のほかに繊維関係工業があるが,停滞ぎみ。人口1万 2369 (1986) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

リスゴー(Lithgow)

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州東部の都市。シドニーの西約140キロメートル、ブルーマウンテンズ西麓に位置する。古くから炭鉱・鉄鉱の町として栄えた。近郊に、19世紀後半に敷設されたスイッチバック方式の山越えの鉄道路線があり、観光用に復元されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リスゴー
りすごー
Lithgow

オーストラリア南東部、ニュー・サウス・ウェールズ州、シドニーの西137キロメートル(道路距離)にある都市。人口1万1441(1996)、リスゴーを含む大リスゴーGreater Lithgow市の人口1万9197(2001)。東部高地の山間部に位置する歴史の古い炭鉱・工業都市で、同国鉄鋼業の先駆的立地(1875~1928)で知られる。1827年入植。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リスゴーの関連キーワードV.A.J.H. リンリスゴーハリーとヘンダスン一家メアリー・スチュアートウェストロージアンリンリスゴー宮殿オーストラリアジェームズ5世愛と追憶の日々クリフハンガーガープの世界マレー(伯)リンリスゴーアースキン2010年谷内

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リスゴーの関連情報