コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスゴー リスゴー Lithgow

3件 の用語解説(リスゴーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リスゴー
リスゴー
Lithgow

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州東部,シドニーの北西 146kmにある炭鉱・工業都市。同国の鉄鋼業の先駆地 (1875~1928) 。 19世紀に石炭輸送のために建設されたジグザグ呼ばれる鉄道が残っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リスゴー(Lithgow)

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州東部の都市。シドニーの西約140キロメートルブルーマウンテンズの西麓に位置する。古くから炭鉱・鉄鉱の町として栄えた。近郊に、19世紀後半に敷設されたスイッチバック方式の山越えの鉄道路線があり、観光用に復元されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リスゴー
りすごー
Lithgow

オーストラリア南東部、ニュー・サウス・ウェールズ州、シドニーの西137キロメートル(道路距離)にある都市。人口1万1441(1996)、リスゴーを含む大リスゴーGreater Lithgow市の人口1万9197(2001)。東部高地の山間部に位置する歴史の古い炭鉱・工業都市で、同国鉄鋼業の先駆的立地(1875~1928)で知られる。1827年入植。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リスゴーの関連キーワードオーストラリアアルプスタムワースニューサウスウェールズオーストラリア首都特別地域ストックトンビーチストランドアーケードセントラルコーストニューサウスウェールズ州立図書館オーストラリアの気候と農業ウェラー種 (Waler)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リスゴーの関連情報