リステリア菌(読み)リステリアキン

デジタル大辞泉の解説

リステリア‐きん【リステリア菌】

Listeria monocytogene》リステリア症の原因となる細菌。自然界に広く分布し、低温や高い食塩濃度の環境でも発育できる性質をもつ。主に動物や鳥類を発病させるが、抵抗力の弱い新生児・老人・妊婦などや肝臓・腎臓(じんぞう)の疾患などによって免疫機能が弱まっている人も発病する。→リステリア症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

リステリア菌

真正細菌の1属名。河川水・食品・土壌・動物の腸管内など、自然界に広く分布する。4℃以下の低温や12%の食塩濃度下でも増殖できる性質を持つ。その一種である「リステリア・モノサイトゲネス」は人間の他、多くのほ乳類、鳥類などに感染しリステリア感染症を引き起こす。感染力は強くなく、人が発症しても悪寒・発熱・筋肉痛などにとどまり自然に治癒することが多い。しかし、妊婦・高齢者・免疫機能が低下している人の場合、髄膜炎・脳炎・敗血症など重症化することもある(リステリア症)。日本では食品由来によるリステリア感染症の発症は年間住民100万人あたり0.1~10人とされる。

(2016-5-12)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android