コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒冷凝集反応 かんれいぎょうしゅうはんのう cold agglutination

2件 の用語解説(寒冷凝集反応の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寒冷凝集反応
かんれいぎょうしゅうはんのう
cold agglutination

37℃以下の寒冷状態で血球や細菌を凝集させる抗体である「寒冷凝集素」 cold agglutininを検出する方法。マイコプラズマ肺炎伝染性単核症ウイルス性肺炎などの場合,血清中の寒冷凝集素の値が上昇するので,その診断に利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんれいぎょうしゅうはんのう【寒冷凝集反応 cold agglutination】

採血後冷やさずに血液から分離,採取した正常ヒト血清を連続的にうすめてつくった系列に,同じヒトの血球または他のヒトのO型血球浮遊液を加え,5~10℃の低温で反応を進めると,10倍希釈前後まで血球の凝集がみられる。しかし,その凝集は反応液を37℃に温めるとほぐれる。これは正常ヒト血清中に少量だが低温で血球と結合して凝集を起こし,高温ではずれる寒冷凝集素と呼ばれる自己または同種自然抗体があるためで,この抗体で起こる上述の現象,またはそれを検出,測定する方法を寒冷凝集反応という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寒冷凝集反応の関連キーワード血液学血漿輸血自己血輸血血液製剤御冷や採血採取経済冷や冷や血液検体 (blood sample)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone