リッコボーニ(英語表記)Luigi Riccoboni

世界大百科事典 第2版の解説

リッコボーニ【Luigi Riccoboni】

1676‐1753
イタリアの俳優。通称レリオ。父親は当時の有名なパンタローネ役者アントニオ・リッコボーニであるが,彼自身は悲劇を得意とした。妻フラミーニアとともに〈レリオとフラミーニア一座〉を結成(1706‐15),イタリアとフランスの悲劇を上演した。1715年招かれてパリに行き,演劇活動のかたわら多くの著作活動を行い,マリボーなどの文人と交友を結んで新人作家を助成した。当時フランス悲劇の主流だった誇張されたデクラメーション(朗唱・朗読)を批判し,より自然な〈せりふ術〉を唱えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リッコボーニ
りっこぼーに
Luigi Andrea Riccoboni
(1676―1753)

イタリアの俳優。モデナに生まれる。父はコメディア・デラルテの名パンタローネ役アントニオAntonio。若い恋人(レリオ)役を勤め、同じくフラミニア役の妻とともに一座をつくり、即興喜劇のほかに悲劇も上演した。1715年オルレアン公の庇護(ひご)の下に「国王劇団」が設立されると、パリに招かれ、座長として運営にあたり、コメディア・デラルテの改革を通してフランス喜劇に多大な影響を与えた。また筋書き喜劇のほか、『イタリア演劇史』(1728)や『演劇改革論』(1743)など貴重な著書を残した。その子アントニオ・フランチェスコAntonio Francesco R.(1707―72)は、パリの「イタリア劇団」でレリオ役を勤めるかたわら、喜劇作品や『演劇論』(1750)を出版し、その妻マリー・ジャンヌ・ド・ラ・ボラMarie-Jeanne de la Boras(1713―92)も、マリボー風の喜劇を残し、ディドロとも親交をもって、マダム・リッコボーニの名で広く知られた。[赤沢 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android