コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リッコボーニ Luigi Riccoboni

2件 の用語解説(リッコボーニの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リッコボーニ【Luigi Riccoboni】

1676‐1753
イタリアの俳優。通称レリオ。父親は当時の有名なパンタローネ役者アントニオリッコボーニであるが,彼自身は悲劇を得意とした。妻フラミーニアとともに〈レリオとフラミーニア一座〉を結成(1706‐15),イタリアとフランスの悲劇を上演した。1715年招かれてパリに行き,演劇活動のかたわら多くの著作活動を行い,マリボーなどの文人と交友を結んで新人作家を助成した。当時フランス悲劇の主流だった誇張されたデクラメーション(朗唱・朗読)を批判し,より自然な〈せりふ術〉を唱えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リッコボーニ
りっこぼーに
Luigi Andrea Riccoboni
(1676―1753)

イタリアの俳優。モデナ生まれる。父はコメディア・デラルテの名パンタローネ役アントニオAntonio。若い恋人(レリオ)役を勤め、同じくフラミニア役の妻とともに一座をつくり、即興喜劇のほかに悲劇も上演した。1715年オルレアン公の庇護(ひご)の下に「国王劇団」が設立されると、パリに招かれ、座長として運営にあたり、コメディア・デラルテの改革を通してフランス喜劇に多大な影響を与えた。また筋書き喜劇のほか、『イタリア演劇史』(1728)や『演劇改革論』(1743)など貴重な著書を残した。その子アントニオ・フランチェスコAntonio Francesco R.(1707―72)は、パリの「イタリア劇団」でレリオ役を勤めるかたわら、喜劇作品や『演劇論』(1750)を出版し、その妻マリー・ジャンヌ・ド・ラ・ボラMarie-Jeanne de la Boras(1713―92)も、マリボー風の喜劇を残し、ディドロとも親交をもって、マダム・リッコボーニの名で広く知られた。[赤沢 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リッコボーニの関連キーワード江戸座大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎銚子醤油日本の民家早野巴人アレクセイ・ミハイロビチゲーリケ光速度

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone