コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバルタ リバルタRibalta, Francisco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リバルタ
Ribalta, Francisco

[生]1565. カステリョンデラプラナ
[没]1628.1.12. バレンシア
スペインの画家。エルエスコリアルマドリードで修業ののち,1598年以後バレンシアに定住し,バレンシア派を創始した。暗い燃えるような色彩と明暗法による宗教性の深い自然主義的作風を特徴とする。作品は『奏楽の天使に励まされる聖フランチェスコ』 (1620頃マドリード,プラド美術館) ,『聖ベルナルトゥスを抱く十字架上のキリスト』 (1625/27頃,同) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リバルタ【Francisco de Ribalta】

1565ころ‐1628
スペインの画家。レリダ県ソルソナSolsonaに生まれ,バレンシアで没。1597年ころまで約10年間マドリードに滞在,エル・エスコリアル修道院・離宮でベネチア派の作品などに学ぶ。以後バレンシアに定住(イタリア訪問の可能性もある),明暗法と自然主義を採用しスペイン・バロック絵画の先駆者の一人となる。《病気のフランチェスコを慰める奏楽天使》《聖ベルナールの幻視》(ともにプラド美術館)ほか。作品では,息子フアンJuan de Ribalta(1597ころ‐1628)が最良の協力者であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リバルタの関連キーワード足利義輝慶寿院オプリチニナ足利義輝田村市都路イムディーナ鉛筆小野忠明ゲスナーコスピークワ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リバルタの関連情報