コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リベカ Rebekah

翻訳|Rebekah

世界大百科事典 第2版の解説

リベカ【Rebekah】

古代イスラエルの族長イサクの妻。アブラハムはその子イサクのために下僕を故郷に送り,働き者で思いやりに富み美しいリベカを選び出させたという。イサクはリベカを愛し,彼女は双生児のエサウヤコブを産んだが,ヤコブを偏愛し,彼に協力して長子エサウに向けられるべき父の祝福を得させた(《創世記》24,27)。【並木 浩一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リベカ
りべか
ribhqahヘブライ語

『旧約聖書』の「創世記」の族長物語に登場する人物の一人。ベトエルの娘(22章23節、24章15、24、47節)で、ラバンの妹(24章29、50節)、イサクの妻(24章67節)である。なかでも「創世記」24章は、彼女とイサクとの出会いを美しく描いた物語として知られる。彼女は結婚して20年後に2人の息子エサウとヤコブを産むが、弟ヤコブを偏愛し、死期の近づいたイサクを欺き、いろいろと画策して彼に長子権を得させる(27章5~45節)。彼女は死後マムレに葬られた(49章31節)。[定形日佐雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リベカの関連キーワードヤコブ(古代イスラエルの族長)ピアツェッタデボラレア

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リベカの関連情報