リボニア戦争(読み)リボニアせんそう(英語表記)Livonian War

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リボニア戦争
リボニアせんそう
Livonian War

1558~83年リボニア騎士団,リトアニア (リトワ) ,ポーランドスウェーデンに対するロシアの戦争。イワン4世 (雷帝) 時代のロシアは西ヨーロッパとの交易を求めて,バルト海への進出をはかったが,リボニア騎士団にはばまれて実現できなかった。そこでイワン4世は 58年武力をもってナルバをはじめとして,いくつかの都市を占領した。これに対しリトアニアとポーランドは合同してロシアに対抗,さらにスウェーデンもロシアに戦いを宣した。 82年ローマ教皇グレゴリウス 13世の仲介でロシアはリトアニア,ポーランドと和して国境を戦前の状態に復し,翌年にはスウェーデンとも和して戦争は終った。この失敗によりロシアは 18世紀初めのピョートル1世 (大帝) の時代までバルト海へ進出することができなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リボニアせんそう【リボニア戦争】

ロシアとリボニア騎士修道会,ポーランド,リトアニア,スウェーデンとの戦争(1558‐83)。ロシア皇帝イワン4世が,西ヨーロッパとの重要な通商路であったバルト海への進出を目的に,戦争を起こした。ロシア軍の緒戦の勝利によって,1561年リボニア騎士団がリトアニア,ポーランド,スウェーデン,デンマークに分割されたために,ロシアはこれらの諸国,特にポーランドと戦うことになった。1560年代にロシアが国内のオプリチニナ体制による混乱を経験している間に,69年リトアニアを合併して強力となったポーランドの干渉は積極的になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のリボニア戦争の言及

【ポーランド】より

…在位1506‐29)はプロイセン公国としてその保護下に置いたが,61年にジグムント2世アウグストZygmunt II August(在位1529‐72)は,同じ危機に直面したリボニアの刀剣騎士団の旧領地の西半分をクールラント公国としてその保護下に置くとともに,その東半分をポーランドに併合してしまった。この処置にロシアのイワン世(雷帝)が反対し,以後およそ1世紀も続くことになるリボニア戦争が始まることになった。このロシアからの脅威に対抗するためには,もはや従来のような同君連合では不十分であった。…

※「リボニア戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android