精兵(読み)セイビョウ

  • しらげつわもの ‥つはもの
  • せいびょう〔ビヤウ〕
  • せいへい

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 よりすぐった兵士。せいへい。
※書紀(720)崇神一〇年九月(熱田本訓)「則ち精兵(シラケツワモノ)を率て、進で那羅山に登て軍(いくさたち)す」
〘名〙 =せいびょう(精兵)②〔塵芥(1510‐50頃)〕
※輿地誌略(1826)一「千七百六十年〈略〉の記に、精兵二十八万四千百三十三人とあり」 〔史記‐呉王濞伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精兵の関連情報