コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精兵 セイビョウ

デジタル大辞泉の解説

せい‐びょう〔‐ビヤウ〕【精兵】

弓を引く力の強いこと。また、その者。⇔小兵(こひょう)
「競(きほふ)はもとより勝(すぐ)れたる強弓(つよゆみ)―、矢継早の手きき」〈平家・四〉
せいへい(精兵)」に同じ。
「―アマタ討タセ」〈天草本伊曽保・鳥と獣〉

せい‐へい【精兵】

えりすぐった強い兵士。せいびょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいびょう【精兵】

剛弓を引く強い兵士。 ⇔ 小兵 「競はもとよりすぐれたるつよ弓-/平家 4
せいへい(精兵)」に同じ。 「 -アマタウタセ/天草本伊曽保」

せいへい【精兵】

えりぬきの優れた兵士。せいびょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精兵の関連キーワード倂・丙・並・併・兵・屏・屛・幣・平・弊・柄・炳・瓶・病・睥・竝・聘・蔽・閉・陛・餅タイソン(西山)党の乱ドンデルスの法則一ノ谷の戦い四條畷の戦い額田部広麻呂本間精一郎有川恒槌五代十国上海事変大伴吹負小野春泉大野東人鴻門の会矢継ぎ早屯する徴兵制大番組素引き弓月君

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android