コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュウケツジュ(竜血樹) リュウケツジュDracaena draco; dragon's blood tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュウケツジュ(竜血樹)
リュウケツジュ
Dracaena draco; dragon's blood tree

リュウゼツラン科の高木。広義ではユリ科に含まれる。カナリア諸島に自生し樹齢 5000~7000年にもなる長寿の植物で,セコイア,セイタカユーカリとともに世界三大巨樹といわれる。高さ 20m,直径 5m以上に達し,枝は頂付近でよく分枝して上向きに張出し,その先に剣状で灰白質の硬い葉を密生し,椀状の樹冠をつくる。花は長さ 1cmほどの緑色の長い筒状花が多数集って円錐状の花序をつくり,液果は丸く橙色である。樹幹から分泌される樹脂は竜の血 dragon's bloodと呼ばれ,中世に顔料として用いられた。この植物の近縁種は多く,太平洋諸島では墓場を飾る木として使われる。センネンボクと呼ばれて観葉植物として鉢植にされている小型の植物があるが,これはかつて同属に扱われ,現在では別属のコルディリネCordylineとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

リュウケツジュ(竜血樹)【リュウケツジュ】

カナリア諸島原産のリュウゼツラン科の高木。幹は上部で分枝し,暗褐色剣状の葉が枝先に下垂する。ユリ科植物中最大の巨樹といわれ,高さ18m,樹齢7000年に達するものもあるといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

リュウケツジュ(竜血樹)の関連キーワードドラセナ