リュネビルの和約(読み)リュネビルのわやく(英語表記)Treaty of Lunéville

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュネビルの和約
リュネビルのわやく
Treaty of Lunéville

1801年2月9日締結されたフランス,オーストリア間の平和条約。 1800年マレンゴとホーエンリンデン両地におけるナポレオン (1世) の勝利の結果結ばれたもので,カンポフォルミオ条約を再確認し,チザルピーナ国境の確定,フランスのライン川左岸領有を規定し,イタリアにおいてはチザルピーナ,リグリア両共和国を保護下におき,トスカナにエトルリア王国を建設することとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android