平和条約(読み)へいわじょうやく

世界大百科事典 第2版の解説

へいわじょうやく【平和条約】

交戦国間の戦争状態を終了させる条約講和条約ともいう。また平和条約締結を講和と呼ぶこともある。戦争状態は征服戦争状態終結宣言によっても終了するが,最も一般的な終了方式は平和条約の締結である。通常,平和条約には,戦争状態の終了のほか,戦後処理のための政治的経済的諸条件,たとえば領土や国境の画定,戦争賠償,戦争前に効力を有した条約の取扱いなどが規定される。 ベルサイユ条約など第1次大戦の各平和条約には,共通第1編として国際連盟規約が含まれていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へいわ‐じょうやく ‥デウヤク【平和条約】

〘名〙 交戦国が戦争を終了させ、平和を回復するために結ぶ条約。戦争終結宣言や講和条件などが規定される。講和条約。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「平和条約の可決粗ぼ了りければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平和条約の関連情報