パーベル1世(読み)パーベルいっせい(英語表記)Pavel I Petrovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーベル1世
パーベルいっせい
Pavel I Petrovich

[生]1754.10.1. ペテルブルグ
[没]1801.3.24. ペテルブルグ
ロシア皇帝 (在位 1796~1801) 。ピョートル3世とエカテリーナ2世 (大帝) の間に生れ,N.I.パーニン伯の訓育を受けた。皇太子時代に母にうとまれ,そのため彼女を憎み,皇帝となってからは,彼女の行なった多くの政策を取消した。彼はロシアがフランス革命の影響をこうむることを極度に恐れ,書籍の輸入禁止など,西ヨーロッパとの文化交流を断とうとした。内政面では皇位継承を立法化するとともに,農奴の賦役を週3日に制限して,エカテリーナ2世が貴族に認めた特権を制限。外交面ではオーストリアと結んでフランスに対抗したが,のちにフランスと接近,イギリスに敵対して対イギリス貿易に依存する商人・貴族層の反感を招いた。またその神経症的猜疑心と気まぐれは多くの者を敵に回し,ついに 1801年パーレン伯に率いられた近衛士官の陰謀によって暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

パーベル1世

生年月日:1754年10月1日
ロシアの皇帝(在位1796〜1801)
1801年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android