コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンポフォルミオ条約 カンポフォルミオじょうやくTreaty of Campo Formio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンポフォルミオ条約
カンポフォルミオじょうやく
Treaty of Campo Formio

1797年 10月 17,18日,北イタリアの小村カンポフォルミオで結ばれた,フランスとオーストリアとの間の平和条約。フランスはオーストリア領ネーデルラントイオニア諸島を得,オーストリアはベネチア共和国領の領有が認められた。この結果,第1次対仏大同盟が瓦解するとともに,1000年以上続いたベネチアの独立が失われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カンポフォルミオ条約の関連キーワードレオーベンの仮条約プレスブルク条約ラシュタット会議リュネビルの和約ナポレオン1世トゥーグートフリウリ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android