コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドル1世 アレクサンドルいっせいAleksandr I Pavlovich Romanov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンドル1世
アレクサンドルいっせい
Aleksandr I Pavlovich Romanov

[生]1777.12.23. ペテルブルグ
[没]1825.12.1. タガンログ
ロシア皇帝 (在位 1801~25) 。皇帝パーベル1世の長男。祖母エカテリーナ2世 (大帝) の愛を受け,スイス人 F.ラ・アルプ自由主義的教育を施されて育つ。皇太子時代周辺に「若き友人たち」の自由主義的グループがあった。ナポレオンの崇拝者であった父パーベルの気まぐれな政策に不安をいだいた廷臣,近衛連隊の陰謀に加担,1801年彼らのクーデターで父が暗殺された跡を襲って即位。まず,父の寵臣を退け,悪法を廃止し,検閲,旅行制限,洋書の禁を解いた。次に,「若き友人たち」で構成される「非公式委員会」によって自由主義的な国政改革に取りかかり,09年「スペランスキーの憲法草案」を作成させた。政府と官僚機構の近代化 (1802年「官省」の諸「省」への改組,閣議に相当する「大臣委員会」の設置,重要法案の「国会評議会」への諮問など) ,教育施設の整備 (モスクワに加えてハリコフカザン,デルプト,ペテルブルグに大学を増設) によって「外見的近代国家」の体裁を整えた。治世初期のこのブルジョア傾向は対外政策にも現れ,01年親ナポレオン政策を放棄してイギリスとの国交を回復,05年対仏大同盟に参加した。しかし,その年の末アウステルリッツの会戦で大敗を喫したので,ティルジットの和約 (07) でやむなくナポレオン1世大陸封鎖令に加わった。イギリスとの断交はたちまち穀物輸出の不振,経済恐慌を招き,貴族,商人の不満に譲歩,対英通商の復活に黙認を与え,ためにナポレオンのロシア遠征 (12) を受けることになった。しかし,やがてナポレオンが敗れて没落すると,ウィーン会議ではメッテルニヒとともに会議を指導,「正統主義」の原則で絶対主義を復活させ,神聖同盟を結んで国際的反動勢力の先頭に立った。これとともに内政面でも専制君主に一転し,パーベルの寵臣 A.A.アラクチェーエフを登用,軍事組織を官僚行政の全面に拡大する反動体制に逆行した。ロシアアレクサンドル1世の時代にグルジア (01) ,フィンランド (09) ,ベッサラビア (12) ,アゼルバイジャン (13) などを併合した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アレクサンドル1世の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物沼波弄山伊豆大島アレクサンドル伊沢蘭軒賀川玄悦加藤美樹鞍馬獅子星条旗

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アレクサンドル1世の関連情報